みじゅです。

ネットでこんなに稼いじゃいました♪


実績

今だけ私が稼いだ方法を無料でお伝えします。

お名前:

メールアドレス:




絶対に驚愕するはずですよ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッチ“幻の川内作品”歌うぜ!

 歌手・近藤真彦(45)が、08年4月に亡くなった作詞家・川内康範さん(享年88)の未発表楽曲「ざんばら」を、2月22日にシングルCDとして発売することが22日、分かった。楽曲は、1989年に川内さんがマッチのために詞を書き下ろしたもので、親交のあったジャニーズ事務所・藤島メリー副社長に直接、手渡されたという。20年以上の時を越えてお披露目される“幻の作品”に、マッチは「天国にいる康範先生に歌声が届けば」と熱唱を誓った。
  ◇  ◇
 「おふくろさん」「骨まで愛して」「伊勢佐木町ブルース」など数々の名曲を世に残した川内さんが、マッチのために書き下ろした未発表作があった。
 この作品は、89年に川内さんが「近藤真彦にぜひ歌わせたい」と、藤島メリー副社長に渡したもの。ただ、歌詞に「死」というフレーズが含まれ、マッチが86年に母親を亡くしたばかりとあって、同副社長が「今はまだ歌わせられない」と判断して、そのまま保管された。
 それから21年。マッチはデビュー30周年のメモリアルイヤー。その柱となる楽曲を検討した際、同副社長が、長い間眠っていたこの川内作品を持ち出し、“封印”を解くこととなった。
 CDにはロックテイストの「心 ざんばら」とフォーク調の「恋 ざんばら」の2パターンの曲を収録。同一歌詞で作曲家が違う楽曲がシングルCDに収録されるのは史上初という。
 マッチは、生前の川内さんと面識はなかったが、新曲発表を前にした21日に川内さんの家族を訪問。「ウチらのことは気にせず、いい作品にして下さい」と歌詞使用の承諾を得たという。
 贈られた歌詞は「奥が深すぎて、歌っていくほど詩の内容が分かっていく感じ」とレコーディングには48枚目のシングルにして過去最長となる2カ月の時間を費やし、天国の川内さんに恥じることのない力作に仕上げた。「康範先生は男気がある方だったと思う。22、3歳だった僕を見て『男気があるからこの歌を歌ってもいい』となったと思いたい」と、ヒットで恩返しすることを誓った。
 同曲は、2月13日の東京・日本武道館コンサートでファンにお披露目される。

よろしく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。