みじゅです。

ネットでこんなに稼いじゃいました♪


実績

今だけ私が稼いだ方法を無料でお伝えします。

お名前:

メールアドレス:




絶対に驚愕するはずですよ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<橘慶太>初の時代劇でドラマ初主演 佐伯泰英原作の青春群像「まっつぐ」NHK

 男性3人組のダンス・ボーカルグループ「w-inds.」の橘慶太さん(24)が、4月17日から放送される時代劇「まっつぐ 鎌倉河岸捕物控」(NHK)に主演することが9日、明らかになった。橘さんはドラマ初主演で時代劇に初挑戦する。

 「まっつぐ 鎌倉河岸捕物控」は、ドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」と同じ佐伯泰英さんの小説が原作。江戸城にほど近い鎌倉河岸(現在の東京都千代田区内神田)が舞台。同じ長屋で育った政次(橘さん)ら3人の青年と、その幼なじみでアイドル的存在の娘・しほ(柳生みゆさん)の友情や恋愛を通して成長を描く青春群像劇。政次の友人・亮吉を中尾明慶さん(21)、彦四郎を小柳友さん(21)が演じる。そのほか南野陽子さんや竹中直人さん、松平健さんらが出演する。

 政次らは数世帯が集まって暮らす「むじな長屋」で育ち、政次は江戸で1、2を争う呉服屋「松阪屋」の手代、亮吉は江戸で一番古手の十手持ちの親分の下で働く下っ引き、彦四郎は船宿の腕のいい船頭として暮らしていた。しほは母親を亡くし賭け碁で生計を立てる父(堀部圭亮さん)との暮らしを支えるため酒問屋に勤めており、3人ともしほにほれているが、しほの父が御家人に斬殺され、その後両親の秘密が発覚、川越藩を巻き込んでの事件が勃発する。政次ら3人もそれぞれ試練に遭遇し、一人前になっていく……という物語。一つのコミュニティーの中で、若者と大人、貧しい者と豊かな者が互いに助け合い、心を通わせながら生きる人々の姿をみずみずしい“大人のファンタジー”として描くという。毎週土曜日午後7時半に放送。全13回。【松村果奈】

よろしく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。