みじゅです。

ネットでこんなに稼いじゃいました♪


実績

今だけ私が稼いだ方法を無料でお伝えします。

お名前:

メールアドレス:




絶対に驚愕するはずですよ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKニヤッ! ドリカム吉田美和、紅白で最高視聴率

 昨年大みそかの「第60回NHK紅白歌合戦」の歌手別視聴率が明らかになった。トップは、紅組トリのDREAMS COME TRUEの50.1%。最愛のパートナーを亡くし、失意のどん底にいたボーカルの吉田美和(44)の完全復活が視聴者の心をつかみ、渾身の歌力(うたぢから)が届いた形だ。

 ドリカムは2年ぶり13回目の紅白出場。吉田は2007年に内縁の夫だった映像ディレクターの末田健さんが33歳で胚細胞腫瘍で急死。そのわずか3カ月後に気丈にも紅白出演したが、これを最後にテレビ出演を休むようになり、08年の紅白も辞退していた。

 「末田さんはドリカム20周年DVDの作成中に亡くなった。07年の紅白に出演したのは、辞退すれば末田さんが悲しむと思ったからでしょう。でも、唯一無二のパートナーを失ったショックは大きかった。それで、しばらくテレビと距離を置きたかったようです」(音楽関係者)

 だが、「第60回のテーマの“歌の力”にふさわしい」という紅白の制作陣からの熱いラブコールに答え、初のトリとして舞い戻った。

 2年ぶりのテレビ復帰となったステージでは、美脚をのぞかせた白いセクシー衣装で登場。英国のギターの名手、ニュートン・フォークナーと共演し、「その先へ~紅白スペシャルヴァージョン~」を熱唱した。

 持ち前の元気いっぱいの声で「みんなも歌え~!!」と呼びかけ、出演者や、観客らと大合唱。紅白を“ドリカム一色”に染め上げる圧巻のステージを展開した。

 過去5回の歌手別トップ視聴率を獲得してきたSMAPも「そっと きゅっと~世界に一つだけの花」でドリカムと小差の49.6%、マイケルジャクソン追悼コーナーで44.6%を記録し、貫禄を見せつけた。

 特別枠で出場した話題の大物ゲスト2組も高視聴率を獲得した。

 英歌手、スーザン・ボイル(48)は42.2%をマーク。紅白史上、初めて当日に発表されたサプライズゲストの矢沢永吉(60)も42.5%を記録した。

 演歌勢で大健闘を見せたのは坂本冬美(42)。CMソングとしても話題となった「また君に恋してる」で、第1部最高の44.6%を記録。円熟した歌唱力で聞かせた。

 その一方で、打倒紅白に燃える民放の勢いに大物が食われてしまう瞬間も。和田アキ子(59)の時間帯は、TBS系格闘番組「Dynamite!!」の魔裟斗(30)の引退試合とちょうど重なった。魔裟斗戦は午後11時4分の判定シーンで21.8%を記録し、和田の視聴率は37.0%にとどまった。

よろしく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。